2021年05月10日

5/15(土)オンライン講座「絶滅危惧種シマフクロウってどんな鳥?」

今週末5月15日(土)に、
オンライン講座「絶滅危惧種シマフクロウってどんな鳥?」を開催いたします。
広報用画像.jpg

シマフクロウという名を初めて聞いた、
名前は知っているけど詳しくは知らないという方を対象に、
シマフクロウがどんな鳥なのか、どうして守るのか、
日本野鳥の会がどんな保護活動をしているかなどをわかりやすく解説します。
講師は北海道の野鳥保護区で実際にシマフクロウの保護活動に携わっているレンジャーです。
北海道にすむ世界最大級のフクロウ、シマフクロウについて、学んでみませんか?

▼実施概要-------------------------------------------

【日時】2021年5月15日(土)10:30〜11:30
   
【配信】YouTube (日本野鳥の会 普及室チャンネル)

【講師】松本潤慶(日本野鳥の会 野鳥保護区レンジャー)
    
【対象】シマフクロウという名を初めて聞いた、
    名前は知っているけど詳しくは知らないという方

【申込】不要、参加無料

【視聴方法】
配信時間になりましたら、下記URLをクリックしてご視聴ください。
当日ご参加できない方は、ライブ配信終了後、本URLから録画をご覧いただくことができます。
※配信内容の録画、スクリーンショット等の記録、転用・転載はご遠慮ください。

★配信URL★
 https://youtu.be/30FZwv01AII

---------------------------------------------------------

5月10日〜16日は愛鳥週間。
シマフクロウという鳥について、ちょっぴり詳しくなってみませんか?
みなさまのご参加をお待ちしております。

スタッフHでした。
posted by Wild Bird at 10:02| イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年05月08日

5/22(土)第11回 コ・トリの市

★5月22日の「第11回コ・トリの市」は予定通り開催いたします!!
コ・トリの市 案内画像.jpg
-----------------------------------------------------
緊急事態宣言が5月末まで延長になりましたが、
5月7日発表の東京都のイベント開催基準に基づき、
5月22日の「第11回コ・トリの市」は予定通り開催することを決定しました。
東京都の要請にのっとった感染防止対策※を行いながら開催いたします。
-----------------------------------------------------
※感染防止対策の詳細は本記事下部をご覧ください。

コ・トリの市は、鳥や生きものをモチーフとした雑貨をつくられている作家さんをお呼びし、作品の展示と販売を行うイベントです。
作家さんから直接商品を買うことができ、野鳥の話や作品について、作家さんといろいろな話ができるのが魅力です。

今はオンラインで多くのグッズを購入することができますが、
野鳥や生きものへの想いや、作品に込めた作家さんの想いなども共有してほしい、
野鳥に詳しい人もそうでない人も楽しんでいただき、
そこから少しでも野鳥や生きものに興味をもつ人が増えたらいいな、という思いから、対面でのイベントを開催しています。

それでは、今回の見どころをご紹介いたします♪
出展作家は4組です。(以下、五十音順、敬称略)

★ちなきのこ★初出展!
ちなきのこ.jpg
哺乳類をはじめ、生き物をモチーフとしたブローチや雑貨を制作されています。
今回、コ・トリの市への出展に向けて、野鳥グッズを多く制作してくださったようです。
精巧に作られたブローチの他、首紐ホルダーは珍しい!手書きの一点ものは要チェックです。

★のとりや★初出展!
のとりや.jpg
樹脂粘土で作られたコロンとかわいいストラップ。
年齢性別問わず、いろいろなところに着けたくなりますね!
小さな作品の中にも、細かく着色されていて、作家さんのこだわりを感じます。

★Macco★
Macco.jpg
粘土でブローチやオブジェを制作している作家さん。
張り子のようなころんとしたオブジェを作る作家さんは珍しいですね!
リアルなものからデフォルメしたものまで、様々なデザインの作品がありますのでお楽しみに!

★ヨリドリ★
ヨリドリ.jpg
トリの市には何度か出展してくださっている作家さんで、
前回出展時は、ふくらスズメを羊毛フェルトで制作した「もふわれスズメ」が大人気でした。
その羊毛フェルト作品はもちろん、花と鳥をデザインしたポストカードも必見です!


以上、4組の出展者と、日本野鳥の会スタッフがお待ちしております。

------★イベント概要★--------------------------------
第11回コ・トリの市 5月22日(土)
https://www.birdshop.jp/fs/wildbird/c/tori-no-ichi
↑作家さんの作品画像はこちらにもございます↑

各日11:00〜16:00(入場無料、入退場自由)
※直営店「バードショップ」は17:00まで営業

場所:日本野鳥の会 西五反田事務所 3F会議室
https://www.wbsj.org/shopping/shop/
※駐車場はありません。お車でのご来場はご遠慮ください。

※新型コロナウイルス感染拡大防止のため、
以下のことにご理解・ご協力をよろしくお願い申し上げます。

・コ・トリの市会場内および、隣接の直営店「バードショップ」は入場制限をいたします。
 混雑時は会場外でお待ちいただく場合がございます。
・当日は、直営店「バードショップ」目的でご来場の方も、受付をさせていただきます。
・受付にて検温のご協力をお願いいたします。
・受付にてお名前・お電話番号のご記入をお願いいたします。
 いただいた個人情報は新型コロナウイルス感染拡大防止目的でのみ使用し、
 一か月後にはシュレッダーで破棄します。
・マスクの着用をお願い申し上げます。
・入場時に手指のアルコール消毒をお願いいたします。
・発熱や咳など体調不良の方は、来場をご遠慮ください。
・会場は常時窓を開け、換気しております。
-------------------------------------------------------------

★同日開催「双眼鏡・望遠鏡体験会」★
DSC_3891.JPG
ビル1Fでは「双眼鏡・望遠鏡体験会」も実施します。
光学機器の見比べや、相談ができます。お手持ちの双眼鏡の無料クリーニングも承っております。
お気軽におこしください♪

スタッフHでした。
posted by Wild Bird at 10:45| ショップからのおしらせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年05月06日

えっ?容量の変わるバックパック?? ミレーEXP20+

ビジネスシーンで使うには大きすぎるし、バードウォッチングには小さすぎる!
バックを探すときに、いつも悩むところです。

ミレーの展示会で、見つけました!
この悩みを解決する「サイズを変えられるバック」!!
新商品「ミレー バックパックEXP20+」
https://www.birdshop.jp/fs/wildbird/gr457/gd4519


ビジネスシーンや荷物が少ないときは20Lで使用し、バードウォッチングや1泊2日の出張では28Lに増やして使うことができます。
ついつい買い過ぎてしまう買い物にも便利です。

ちなみに、下の写真が、私が普段通勤に持っていくものです。
DSC_4920.JPG
iPad、スマホ、充電池、財布、カード入れ、筆記用具。
ペットボトルに代わる水筒、エコバック。
それと、大きめの折りたたみ傘。
これだけ入れても、20Lで余裕の大きさです。

背中に近いところに、iPadを入れています。
本来はノートパソコン用のスペースのようです。
クッション性もあります。
DSC_4923.jpg

大きなフロントポケット内には細かいポケットも充実。場所を決めて物をしまうことができ、小物がザックの奥底に…なんてこともありません。
DSC_4925.jpg

そしてこの内側のポケット、取り外せます!不要な時は取り外してメインポケットだけで使用しても、他のカバンにポケットごと荷物を移すこともできます。
DSC_4951.jpg

ところで、ここまできて、内側の水色の鮮やかさに気が付いた方も多いと思います。
実はこれ、あえて鮮やかな色になっているんです。
ザックの内側は一般的には黒など暗い色が多いですが、中が見えづらく、出したいものを手探りで探した経験はありませんか?それを防ぐために、あえて中が見えやすいよう、明るい色になっています。
実は当会のグッズも、ザックの中に入れても見えやすいようにと考え色を決めていることがあり、こういった細かい工夫はザックをよく使う人には嬉しいですね。

側面のポケットは左側に一か所。スリムなポケットなので、大きなものは入れられませんが、水筒や折り畳み傘はもちろん、ペンなどの筆記具を入れても落ちにくい仕様です。
DSC_4932.jpg

一番外側には小さなポケットがあるので、ICカードやお財布など、さっと取り出したいものを入れるのに便利。
DSC_4927.jpg

ちなみに20Lで使うとこんな感じ。かなりスリムです。
DSC_4938.jpg


バードウォッチングシーンでは、どうでしょうか?
私は、バードウォッチングに行くときは、前記に加えて、
双眼鏡、望遠鏡、三脚、図鑑、レインウエア(ウインドブレーカー)
を持っていきます。
DSC_4936-1.jpg

追加で入れるときは、側面のファスナーをぐるっと開くとサイズが大きくなります!
これで28Lに早変わり!
DSC_4941.jpg

そして、装備を入れるとこんな感じです。
DSC_4947.jpg

IMG_6797.jpg

000000000509-02-xxl.jpg
今回は使用していませんが、背中側についたスリーブは、スーツケースにセットでき、旅行や出張の時に役立つんです。


バードウォッチングに行くと、今日は軽い観察だから小さいバッグ、今日は荷物が多いから大きめのザック…といろいろなサイズのバッグが必要になってくることがあります。このEXP20+なら、1つ持っていればビジネスなどの日常使いから、バードウォッチングに小旅行まで、様々なシーンで活躍すること間違いなしです!

●ミレー バックパックEXP20+
https://www.birdshop.jp/fs/wildbird/gr457/gd4519
色はブラックとチャコールヘザーの2種類。どちらも内側は水色です。

●ミレーInstagram
https://www.instagram.com/p/COkdYh6NHMF/?utm_source=ig_web_copy_link

以上、室長富岡&スタッフHでした。

posted by Wild Bird at 12:31| 新商品・おすすめ商品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする