2017年05月17日

Tシャツデザインコンテスト 〜風車の回転する羽(ブレード)の速度〜

現在、募集中の「Tシャツデザインコンテスト 風力発電 〜風を使う鳥と人〜」
で、風力発電についての情報をご紹介します。

今回は風車の回転する羽(ブレード)の速度です。

テレビ等では、遠く離れたところから風車の羽(ブレード)が
回っている映像が流れていますね。

あの映像を見ていると、羽(ブレード)が風をうけて、
気持ちよさそうに回っているような印象を受けるかもしれません。

実際、私も風車を目の前で見るまでは、そう思っていました。

しかし、目の前にいくと、ものすごい速度で回転していることが分かります。

現在建っている風車で主流サイズの1500kw風車の場合、
定格出力(一番調子よく回っている)時の先端速度は約300kmです。

時速300kmというと新幹線のスピードです。

さらに、風車は2秒で1回転するブレードが3枚付いているので、
ブレードとブレードの間は0.7秒もありません。

風車 ブレード速度.jpg

遠くから見ているとゆっくり回っているように見えるので、
ブレードとブレードの間を飛んで抜けられるのではないか?と
思う方もいらっしゃると思いますが、
これだけ早く回転していると、鳥が直前で気が付いても
回避することは不可能でしょう。

デザインコンテトについては、こちらをご参照ください。
http://www.birdshop.jp/fs/wildbird/c/t-shirt-contest2017
posted by Wild Bird at 13:24| Tシャツ デザインコンテスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月15日

Tシャツデザインコンテスト 〜風車の大きさ〜

現在、募集中の「Tシャツデザインコンテスト 風力発電 〜風を使う鳥と人〜」
で、風力発電についての情報をご紹介します。

今回は風車の大きさです。

皆さんは、風車を目の前でご覧になったことはありますか?

テレビ画面等で見る風車は優雅に回っているように見えますが、
目の前で見ると、その大きさに驚きます。

現在建っている風車で主流サイズの1500kw風車の場合、
高さは約100m、回転する羽の直径は約70mあります。

風車.jpg

遠くから見るのと、近くでみるのとでは、
その迫力は大きく異なります。

IMG_0006.JPG

002.JPG

私が初めて風車の近くに行った時は、
頭の上で風車の羽(ブレード)が回り、その羽が風を切る
「ゴーーーーーーッ、ゴーーーーーーッ」という音に
恐怖感をも感じてしまいました。

次回は、羽(ブレード)の回転速度についてです。

デザインコンテトについては、こちらをご参照ください。
http://www.birdshop.jp/fs/wildbird/c/t-shirt-contest2017
posted by Wild Bird at 13:16| Tシャツ デザインコンテスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月12日

Tシャツデザインコンテストを開催します。

皆さんは「風力発電」と聞くと、どのようなイメージがありますか?
「自然に優しい」「クリーンなエネルギー」といった
美しいイメージではありませんか?

もちろん、自然エネルギーなので、原子力や化石燃料を使わないという点では
クリーンなのですが、風力発電施設を設置する場所によっては、
鳥が風力発電の羽(ブレード)に衝突するバードストライクが発生します。

当会が把握しているだけでも
2001年から2015年3月までに341羽の野鳥が
バードストライクで命を落としています。

これはたまたま見つかったもので、
実際にはそれ以上の野鳥が犠牲になっていると考えられています。
(常に巡回監視をしている訳ではないので、
 バードストライクで犠牲になった個体が他の生物に持ち去られると
 痕跡が残らない事があります。)
 
その中でも、オジロワシは341羽の内43羽で、
他にもオオワシやイヌワシ等、
絶滅危惧種が多く含まれていることも分かっています。

この状況を、1人でも多くの方に知っていただきたい!

こんな思いから、風力発電をテーマにした当会オリジナルTシャツ作り、
それを着ていただくことで、多くの方に伝えることができるのではないか?
と考えました。

しかし、あまりにもダイレクトすぎるデザインでは、
Tシャツを着てくれる人が少なくなってしまいます。

そこで、皆様の知恵をお借りして、
風力発電は100%クリーンなものではなく、
設置場所によっては、野生生物を犠牲にしてしまうということを
さりげなく、でも力強く伝えることのできるデザインを募集することにしました。

最優秀作品は2018年4月より、日本野鳥の会オリジナル商品として発売します。

ぜひ、デザインの力で、
風力発電は、設置場所によって野鳥に影響があることを伝えてください!!

皆様からのご応募お待ちしております!!

デザインコンテトについては、こちらをご参照ください。
http://www.birdshop.jp/fs/wildbird/c/t-shirt-contest2017


デザインを募集するにあたって、
今後このブログで、風力発電やバードストライクに関する
情報提供をさせていただきます。
posted by Wild Bird at 15:00| Tシャツ デザインコンテスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする