2021年02月02日

小さな生きものの世界をのぞいてみる

文一総合出版さんから、初の自然科学系児童書が発売されました!

粘菌カバー01.jpg
『きれいで ふしぎな 粘菌』新井文彦 著 / 川上新一 監修
https://www.birdshop.jp/fs/wildbird/gd4492

きのこカバー.jpg
『いつでも どこでも きのこ』保坂健太郎 文/新井文彦 写真
https://www.birdshop.jp/fs/wildbird/gd4491


…どちらもちょっとマニアックでしょうか。
粘菌は、動物でも植物でも、菌類でもありませんが、自ら移動や食事をする生き物です。じとっとした姿のものから、美しく輝くもの、とっても鮮やかな色のものまでその姿は様々。
『きれいで ふしぎな 粘菌』では、たくさんの写真を用いて、粘菌の暮らしや、見つけるポイントを解説します。
粘菌中.jpg

粘菌中2.jpg

森を歩く機会の多い方は、その姿を見たことがあるかもしれません。倒木などについたキノコのようなものや、なんじゃこりゃ…カラフルな液体のようなもの、見たことありませんか?

一方、食用はもちろん、雑貨のモチーフとしてもつかわれるほど、人々に認知されているキノコ。でも、柄の先に傘のついたあの姿は、キノコの姿の一部って、ご存じですか?
『いつでも どこでも きのこ』では、その不思議な生活や、楽しみ方を紹介しています。
きのこ中2.jpg

きのこ中3.jpg
どちらも子供向けの本ですが、大人も楽しめる内容。
森の中の生き物のつながりを感じることができます。

また、本書の中には、写真とともに「どこにいる?」とクイズ形式になっているページがあります。
きのこ中.jpg
そこに書いてあった、「好きになると気づくことができる」という一文に、妙に納得してしまいました。
野鳥も同じです。好きになると、いままで気が付かなかったことに気が付くようになる。あれ、こんなに野鳥がいたんだって思ったこと、ありませんか?
バードウォッチングをしていると、よく見つけられるね、目がいいね、なんて言葉をかけられます。見つけられるのは、視力の良さではなく、知っているかどうかだったりするんです。(私の上司WILD S曰く、絶対どこかにいると思う気持ちも必要とか。)
この本を読んでそんなことを考えてしまいました。
知らないことを知ると、世界が広がります。いろいろなところに目を向けてみると、結構楽しいものです。

親子で見て読んで楽しむもよし、大人が学ぶもよし、お子さんの自由研究のヒントにするもよし、いろいろな方が楽しめると思います。

なお、粘菌やキノコの観察にはライト付きのポケットルーペがあると便利ですよ!
100181webポケットルーペ白抜き.jpg
LED付ポケットルーペ
https://www.birdshop.jp/fs/wildbird/gd3535


コケカバー1.jpeg
同シリーズ『あなたの あしもと コケの森』こちらは3月発売予定です。
入荷しましたら、当会でも発売いたしますので、それまでお待ちください。

以上、スタッフHでした。
posted by Wild Bird at 12:32| 新商品・おすすめ商品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月25日

ブローチの活用方法ご紹介!

こんにちは、スタッフHです。
鳥のブローチいろいろあってかわいいんだけど、あんまり使わないんだよね…。
そんな方、多いのではないでしょうか。
かくいう私もその一人。
でも先日、ブローチの新しい使い方をいろいろ知ったので、今日は皆さんにもご紹介いたします。

1.まずは基本。洋服やバッグに。
写真 2021-01-20 13 16 24.jpg
▲フライングバードブローチhttps://www.birdshop.jp/fs/wildbird/gd3957
(フェアトレード商品、素材・フェルト)

無地の洋服につけると、一気におしゃれになります。胸の位置より、鎖骨あたりにつけると良い感じ。落ち着いた色や小ぶりのものなら、複数付けもあり。
柄なしのシンプルな服を着る機会が多い人におすすめ。
ストールを留めるのに使ってもいいですね。
また、ネックレスやペンダントはぶらぶらとして仕事中邪魔になることもありますが、ブローチはその心配がありません。

そして、おすすめはこちら。小ぶりなブローチをシャツの「襟」につける!かっちりシャツが、さりげなく華やかになります。
写真 2021-01-22 15 40 14.jpg
▲Ninaブローチ ジョウビタキhttps://www.birdshop.jp/fs/wildbird/gd4165
(作家手作り、素材・真鍮)

Inked写真 2021-01-22 15 55 48_LI.jpg
▲カピスブローチ フクロウhttps://www.birdshop.jp/fs/wildbird/gd4184
(フェアトレード商品、素材・貝殻)

バッグにつけるのも定番ですね。ブローチって名前が、女性向けのイメージが強いかもしれませんが、要はバッジと同じなので、男女関係なく使って良いのです。リュック、トートバッグ、ショルダーバッグ、なんでもいけます。

2.これも定番ですが、ニット帽やキャップなどの帽子にもいいですね。
写真 2021-01-20 13 06 32.jpg
▲左:フライングバードブローチhttps://www.birdshop.jp/fs/wildbird/gd3957
(フェアトレード商品、素材・フェルト)
▲右:La gouttelette 木のブローチ「アオサギ」https://www.birdshop.jp/fs/wildbird/gd4167
(作家手作り、素材・木)

ワンポイントのあるニット帽でも、気分を変えたいときにワッペンの上からつけてデザインを変えてみる、なんてこともできちゃいます。
帽子.jpg
(↑シマフクロウ刺繍付き ニット帽 ネイビーhttps://www.birdshop.jp/fs/wildbird/gd3981に、ブローチをつけてみました)

3.こちらはなんと、髪ゴムにアレンジ。
髪ゴム.jpg
▲La gouttelette 木のブローチ「シマエナガ」https://www.birdshop.jp/fs/wildbird/gd4211
(作家手作り、素材・木)

私と同じく、ブローチ使わないんだよね、というスタッフに教えてもらいました。一般的な髪ゴムに、ブローチのピン部分を挿して留めるだけ。
簡単で、かわいい。
(ピンやゴムの形状などによっては、当て布をして縫い付けるなどした方が安全です)

4.こだわりデザインのブローチなら、身に着けるだけでなく、飾ってみるなんてどうでしょう。
写真 2021-01-20 13 26 07.jpg
▲La gouttelette 木のブローチ「アオサギ」https://www.birdshop.jp/fs/wildbird/gd4167
(作家手作り、素材・木)

少し深さのある立体額に入れたり、ボックスに入れたり。フォトフレームの表のガラスをとって使用してもOKです。これだけで立派なインテリア。使用するブローチや、額、台紙を変えるといろいろな雰囲気を作り出せます。大きめの額に小さなブローチを複数並べてもいいですね。

他にも、着物を着る人であれば、シャツの襟につけていたような小ぶりのブローチを帯留めにするのも◎

実はいろいろな使い方のあるブローチ。意外と奥が深い。
あんまり使わないんだよね…という方に、是非試していただきたいです。

直営店「バードショップ」、バードショップオンライン「Wild Bird」https://www.birdshop.jp/
で様々な種類のブローチをあつかっています。
ファッションに、インテリアに、いかがですか。

以上、スタッフHでした。
posted by Wild Bird at 00:06| 商品の使い方・お手入れアイディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月06日

新刊本「八ヶ岳の野鳥に逢いにきました」


【八ヶ岳の野鳥に逢いにきました。】表紙画像.jpg


SKE48高柳明音さんと柳生博名誉会長が繰り広げる野鳥のお話。

読んでいるだけで野鳥や自然への接し方、
野鳥観察の面白さが伝わってきます。

野鳥の撮り方では、八ヶ岳倶楽部スタッフの杉坂信さんが
カメラの設定や、どのような場面をねらえばよいか等、分かりやすく解説。

この解説を受けた高柳さんが実際に撮影した写真や、
八ヶ岳周辺で見られる野鳥の紹介や観察場所の情報も掲載。

バードウォチング初心者や、野鳥撮影にチャレンジしたい方、
八ヶ岳方面に行ってみたい方におすすめの一冊です。


「八ヶ岳の野鳥に逢いにきました」 2,200円

ご注文はコチラ
https://www.birdshop.jp/fs/wildbird/books2/gd4488

直営店「バードショップ」でも販売しています。


WILD Sでした。
posted by Wild Bird at 11:51| 新商品・おすすめ商品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする