2020年06月20日

直営店バードショップで、「下村兼史」のビジュアルフォトブック・ポストカード発売します。


皆さんは「下村兼史(しもむら けんじ)」をご存知でしょうか?

今から約100年前に、カワセミの写真を撮影された方です。

今のように1秒間に10コマ等の連写機能もなければ、
撮影できる枚数も限られている時代です。

シャッターは1回きり。
1日に撮影できる枚数は12枚。
カメラの重さは3.8kg。
しかも、全手動。


自宅にくるカワセミを観察し、
カワセミの来る池の近くに、カメラを設置、
遠く離れたところから糸を引いてシャッターを切る・・・

今では、考えられないほどの状況下での撮影です。

この他にも、藁ぶきのブラインドを作成したり・・・
おっと、あまり書いてしまうと、面白くないので、
あとは、ビジュアルフォトブックをご覧ください。

VB_obi.jpg

VB_p8-9.jpg

『100年前にカワセミを撮った男・下村兼史』...2,750円(税込)



なお、ポストカードセットも販売します。


PC_A.jpg
ポストカードセットA(カワセミ)...600円(税込)

PC_B.jpg
ポストカードセットB(河畔の暮)...600円(税込)




さらに、下記の概要で、企画写真展も開催されます。
ぜひご覧になってはいかがでしょうか?

==============================

写真歴史博物館 企画写真展
「100年前にカワセミを撮った男・下村兼史 −日本最初の野鳥生態写真家−」

日程:2020年7月1日(水)〜2020年9月30日(水)
   10:00〜19:00 (最終日は16:00まで/入館は終了10分前まで)
会場:FUJIFILM SQUARE(フジフイルム スクエア) 写真歴史博物館


http://fujifilmsquare.jp/detail/20040104.html

==============================

WILD Sでした。


posted by Wild Bird at 11:08| ショップからのおしらせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月15日

2020年7月は毎週土曜日、「双眼鏡・望遠鏡相談会」を開催します


「自分にあった双眼鏡ってどんな双眼鏡なの?」
「インターネットやカタログには良いことばかり
 書いてあるけど、実際はどうなんだろう?」
「実際に自分の目で確認してみたいなぁ」

そんなご質問やお悩みを解決するのが
「双眼鏡・望遠鏡相談会」です。

DSC_2171.JPG

日本野鳥の会がおすすめする双眼鏡や望遠鏡を、
『屋外』で『自分の目』で確認することができます。

DSC_3891.JPG

これからバードウォチングを始める方で、
何を聞いて良いか分からない方も大歓迎です。

双眼鏡や望遠鏡の基本的なことから、
どんな所を見て、自分にあった双眼鏡や
望遠鏡を選べばよいか、具体的にアドバイスします。

ぜひ、この機会をご利用ください。


なお、「双眼鏡・望遠鏡相談会」実施期間中、
今お持ちの双眼鏡や望遠鏡の無料クリーニングサービスを実施します。
メーカーは問いませんので、お気軽にご利用ください!!


=====================================================

■開催概要

 日 程:2020年7月4日(土)・11日(土)・18日(土)・25日(土)

     ※上記日程は、毎日、双眼鏡や望遠鏡の
      無料クリーニングサービスを実施します!!

 時 間:11:00〜17:00(この間いつでもどうぞ)

 場 所:日本野鳥の会五反田事務所が入るビルの1階
     (東京都品川区西五反田3-9-23丸和ビル)

=====================================================

WILD Sでした。
posted by Wild Bird at 13:56| イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月10日

新登場!コンパクトなミニ水筒です。

暑くなってきましたね。
今日は日本野鳥の会オリジナル水筒のご紹介です。
「見る読むわかる野鳥図鑑」でお馴染みの
野鳥イラストレーター
箕輪義隆氏が描いた
海原を飛ぶアホウドリです。

a13.jpg

NEWオリジナルミニ水筒 アホウドリ・ホワイト
https://www.birdshop.jp/fs/wildbird/gd4318

先週末からバードショップオンライン、
そして直営店「バードショップ」で販売開始したばかりの新作です。

重さはたったの134ℊ、
サイズは手のひらよりすこし小さいタテ約14p、ヨコ約4.5pです。
カバンに入れてもあまりかさばりません。

シンプルでおしゃれなデザインなので
男性も女性も使いやすいと思います。

容量は140㎖なのでだいたいコップ一杯分くらい。
「飲み物は欲しいけど、水筒は重たいなあ。」
という方にぴったりです。
最近は通勤や通学のオトモにする方が多いそうです。
公共交通機関を利用している場合、確かに一口欲しいときありますね。

筆者の私はたっぷり飲みたい派なので
(学生時代4ℓを掃除機のように吸い込み、
大人になった今でも一日2ℓの水をガブガブ飲んでいます)
480㎖バージョンの水筒を普段愛用しています。
日本野鳥の会 オリジナル水筒 アホウドリ・ネイビー
https://www.birdshop.jp/fs/wildbird/gd4233



IMG_7118.JPG
大きさを比較すると、こんな感じです。
どちらもサーモステンレス製なので保温保冷機能付きです。

飲み口はこうなっています。
IMG_7117.JPG
小さいミニ水筒(ホワイト)はキャップのようなフタを
開けたらすぐに直接飲めます。

IMG_7176.JPG
普通サイズの水筒(ネイビー)はワンタッチ式。
勝手に開かないようにロックがかけられます。
荷物を持っていても片手で飲むことができるので
バードウォッチング中にも活躍しました。
フタは分解して洗えるので衛生的です。


こちらの水筒、期間限定父の日フェアで
プレゼント用ラッピングが無料です。
この機会にプレゼントとしても、いかがですか?

他の父の日フェア対象商品はこちら🎁
https://www.birdshop.jp/fs/wildbird/c/gr436

以上スタッフMKでした。



posted by Wild Bird at 00:00| 新商品・おすすめ商品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする