2018年01月11日

餌台やバードバス(水場)を設置している方へ 〜鳥インフルエンザの感染拡大を防ぐためのお願い〜

最近、高病原性鳥インフルエンザが流行しているニュースが増えてきています。
高病原性鳥インフルエンザは家禽に重大な被害をもたらす家畜伝染病です。

高病原性というのは、ニワトリに対する病原性のことをいいます。

現在確認されている高病原性鳥インフルエンザが人に感染した例は、
生きた家禽などを扱う海外の市場など限られた条件下のみです。

通常の状況下で人に感染するリスクは殆どなく、皆さんが過度に恐れる
必要はありません。

鳥インフルエンザウィルスは、カモ類が自然宿主であるため、
餌台で小鳥が鳥インフルエンザに感染するリスクは小さいものと考えます。

しかし、各地で鳥インフルエンザが確認されている状況で、
餌台やバードバス(水場)等(以下、餌台等)に鳥を集めることは
野鳥への感染のリスクを高めることにつながります。

そこで、高病原性鳥インフルエンザの更なる感染拡大を防ぐため、
下記の事をお願いいたします。

<こまめに掃除を・・・>
1)餌台等に糞が付着している場合は、取り除いてください。
  鳥インフルエンザウィルスは、腸管から糞と一緒に排出されます。

2)餌台等の上だけではなく、周りや下に落ちた糞や餌も
  こまめに掃除してください。
  食べこぼして糞とまじったような餌は
  他の病気の流行や拡大の原因ともなります。

3)餌台等は、家庭用塩素系漂白剤等で消毒し、
  しばらくした後によく水で流し乾燥させてください。
 
  具体的には、
 ・バケツに、キッチンハイター約1.2杯を5Lの水で希釈し、
  その中に餌台等を2分間つけおきし、その後、水で洗い流します。
 
 ・バケツに入らないような大きな餌台は、スプレータイプの
  キッチン泡ハイターを餌台等全体に吹き付け(10cm四方当り5回スプレー)、
  2分間放置したあと水で洗い流します。

  (70〜80%程度のアルコールスプレー等でも効果はありますが、
   餌台等はご家庭に設置されている場合が多いので、
   より殺菌能力の高い家庭用塩素系漂白剤をお薦めしています。)

  (塩素系漂白剤は時間が経つと効果が低下しますので、
   最近購入した使用期限内のものを使います。
   また、作りおきせずにその都度希釈し使い切ってください。)


<餌の量を調整してください・・・>
4)清潔を保つため、できるだけ1日で食べきる程度の餌を入れてください。
  餌台等に古い餌が残るとフンが餌に交じり、これを他の野鳥が
  食べてしまうことでウィルスを拡散させる危険があります。
  また、雨で濡れた餌はカビや細菌がふえやすくなります。
  鳥インフルエンザ以外の様々な病気が蔓延する原因になるので注意が必要です。


<ご自宅の近く(10キロ圏内が目安)で、
  強毒性の高病原性鳥インフルエンザが確認された場合>
5)給餌等の設置を自粛してください。
  これは、人間の間でもインフルエンザが流行った際に、
  極力人ごみに出ないようにすることが推奨されるのと同様です。
  野鳥の場合も近くで鳥インフルエンザが発生している場合は、
  野鳥をむやみに集めないほうが、感染拡大を防ぐことができるからです。
posted by Wild Bird at 17:21| ショップからのおしらせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月14日

ツァイス双眼鏡特別セール!

シジュウカラやエナガなど小鳥の混群、
水辺に浮かぶカモの群れ、
やぶの中でごそごそと動く冬鳥…
冬は鳥たちがにぎやかで見どころがたくさんです。

そこでほしくなるのが「双眼鏡」!
ということで、12月だけのお買い得情報です。

先日の「双眼鏡・望遠鏡相談会」で販売した
特別価格のカールツァイス製双眼鏡に
まだ少し残りがありますので
引き続き台数限定で販売いたします。

◇TERRA ED 10×32 coolgray(旧モデル)
TERRA ED 32 cool gray縦.jpg
定価¥56,160のところ、
なんと¥39,000!!

とりあえず試してから検討したい…という方も大歓迎ですので、
直営店バードショップにお越しください!
◇直営店「バードショップ」
http://www.wbsj.org/shopping/shop/bird-plaza/

台数限定ですのでお早めに!
16日(土)・17日(日)は「第5回トリの市」も開催していますので
ぜひ、あわせてお越しくださいませ。

スタッフSSでした。
posted by Wild Bird at 12:18| ショップからのおしらせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月19日

カールツァイスよりビクトリーコンパクトの後継機が新発売!

長年のベストセラーである「ツァイス ビクトリーコンパクト」に待望の後継機が登場しました。
その名も「ツァイス ビクトリーポケット」
デモ機を覗いたときの印象が、最近発売された双眼鏡では抜群に良かったので、販売スタッフQが各メーカー様の高級8倍コンパクト双眼鏡と比較をしてみました。
写真左上から新発売の「ツァイス ビクトリーポケット8×25」、右上が同じツァイスの「テラ ポケット8×25」、左下はニコンより 「8×20HG L DCF」、右下はコーワより 「ジェネシス22プロミナー 8×22」です。
【サイズ】
平置.jpg
対物レンズが20口径だけあって、コンパクトさは左下のニコンが一歩抜き出ていますね。
ニコン、コーワ、ツァイステラが、収納する際に2箇所で折りたたむ「二軸」を採用し、よりコンパクトさを目指しているのに対し、ビクトリーポケットは「一軸」を採用しています。
どうしてもかさばりがちな「一軸」ですが、ビクトリーポケットは非対称デザインを採用することで「二軸」に劣らないコンパクトさを実現しています。
縦置.jpg
こちらは見口(接眼レンズ)を上にして並べた画像です。
見口の大きさを実測してみるとビクトリーポケットが約20mm、テラポケットは18mm、ニコンHGL17mm、コーワジェネシスが20mmでした。
個人的には見口は広ければ広いほど見易いと感じますので、この仕様はGOODですね。

【重量・操作性】
カタログ上のスペックではビクトリーポケットが290g、テラポケット310g、ニコンHGL270g、コーワジェネシス315gと、ビクトリーポケットが一回り小さいニコンHGLに次ぐ数値になりました。
ニコンHGLはあまりのコンパクト重視の設計ゆえか、ピントリングを中指または薬指で操作しなくてはいけませんでしたが、ビクトリーポケットは中心より左に寄せ、右利きの方は人差し指がちょうど良くあたる位置にピントリングがあります。
ピントリング.jpg
ピントリングは左寄り

女性でも持ちやすいサイズ.jpg
女性スタッフFがツァイスビクトリーポケットを持ってみました、Fいわく「しっくりきてピントリングがまわしやすい!」とのこと。手の小さい方でも問題なく操作ができそうです。
また、指が当たる部分が全て柔らかい素材なので、素手で双眼鏡を持つ際にはソフトな感触が好きなスタッフQは好みです。(グローブをしている時はコーワの金属製リングが良く引っかかるので好きです)

【視界・見え味】
新製品のビクトリーポケットがあまたのコンパクト双眼鏡の中で特に優れていると感じた点は2つあり、それが「視界の広さ」と「見え味」です。
ツァイスビクトリーポケットの1000m先視界は、優秀なコーワジェネシスの131m並みの130m。
20口径クラスの双眼鏡は、30口径、40口径の双眼鏡と比較するとどうしても視界の広さや明るさ・クリアさで劣りますが、フローライト系のレンズを使用したビクトリーポケットは、上記3機種のみならず、現在発売されているコンパクト双眼鏡のなかでは抜群の視界の広さ、明るさを感じました。
その感動ははまるで30口径クラスの双眼鏡のよう。
同じツァイスのテラポケットと比較しても、明るさ・像のシャープさで違いが感じられます。また、これはお好みですが、わずかに青色が強く見える傾向があるように感じました。

ベルトループ.jpg
標準でズボンのベルトに通せるループのついたハードタイプのケースも付属します。


最初の1台から「しっかり良く見える双眼鏡を使いたい!」初心者のお客様から、「見え味にこだわる!」ベテランのバードウォッチャーまで、自信を持っておすすめできる1台です。
こちらの双眼鏡は10月24日発売。
日本野鳥の会では現在ご予約を承っております。
ツァイス ビクトリーポケット 8×25
http://www.birdshop.jp/fs/wildbird/gd3790
ツァイス ビクトリーポケット 10×25
http://www.birdshop.jp/fs/wildbird/gd3791
※ご注文状況によりお届けまでに少々お時間をいただく場合がございます。

スタッフQからのお知らせでした!
posted by Wild Bird at 13:23| ショップからのおしらせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする