2018年10月09日

鳥類学者・川上和人先生新刊「トリノトリビア」入荷しました!

2783webトリノトリビア.jpg
★ご購入はコチラ↓
https://www.birdshop.jp/fs/wildbird/books2/gd3974

「今、最も熱い鳥類学者」と言われる川上和人先生。
敬愛してやまない先生のお姿を、TVや雑誌で拝見するたび、強く感じます。
「なんでこんな変てこなファッションなんじゃ?」
販売チーフWILDS曰く「人と違うことをして、目をひくためでしょ?」
我々一般ピープルに対してもサービス精神溢れる鳥類学者、それが川上先生です。

この新刊はとりわけ、鳥初心者に対する愛とサービスがてんこもり。
見開きごとに、鳥マンガのパイオニア・マツダユカさんの四コマ漫画がオールカラーで読める!
鳥たちのトリビアがするする頭に入る上、1ページで最低2回笑えます…。

もちろん笑いだけでなく、目からウロコな鳥知識が満載。
オーストラリアには、獲物を追い立てるため、自然発火した火を持ち出して別の場所に放火する猛禽がいる。
カッコウはタカの鳴きまねをして、小鳥が巣から逃げたすきに托卵することがある。
エナガは子育ての「ヘルパー」をしたくてしたくてたまらない鳥らしい…。そんなトリビアがこの1冊に83個も詰め込まれています!

★直営店『バードショップ』には10/11(木)入荷予定です。ぜひ立ち読みに、じゃなくて買いにいらしてくださいね。(秋の新商品やカレンダー3種も絶賛発売中。)
https://www.wbsj.org/shopping/shop/bird-plaza/


さて、川上先生の本はすべて持っている私が、著作の中で一番気に入っている箇所がこちら。
鳥のフレッシュな亡骸で標本製作中の先生。標本には組織がちょっぴりあれば足りるので、「ふくよかな筋肉が余ったな」と思います。
「ふむ、捨てるよりも供養になりエコな方法もあるかもしれないな」
「ふむふむ、ここから先は内緒だ」(「鳥類学者だからって、鳥が好きだと思うなよ。」より)

先生のこの気持ちに共感します。
先だって「人体の不思議」展を見学した際、累々と並ぶ人体標本の赤い筋肉を前に、むしょうに鶏肉を食べたくなりました。
ガラスケースに入っていないミイラが一体あり、手の届く位置にちょうどむしれかけた肉片が。誰も私の手元など見ていません。
この先は内緒です。
スタッフKでした。
posted by Wild Bird at 16:40| ショップからのおしらせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月25日

【台風12号関連】 7/28 双眼鏡・望遠鏡 相談会

皆様

7/28に開催予定の「双眼鏡・望遠鏡 相談会」ですが、
台風12号が接近しているため、
屋外での見比べができない場合や、
相談会を中止する場合がございます。

予めご了承ください。
posted by Wild Bird at 16:24| ショップからのおしらせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月30日

小さな命に目を向けてみよう!“植物”と“虫”の図鑑をご紹介

今回ご紹介するのは小さな生きものに注目した図鑑。
「小さな小さな虫図鑑」(偕成社)
「美しき小さな雑草の花図鑑」(山と渓谷社)

野鳥が好きな方には植物や昆虫など、他の生きものも好きな方が多いように思います。でも、踏みつぶしてしまうほど小さな生きものをよーく観察したことはありますか??生きもの好きのみなさんに、ぜひ手にとっていただきたい2冊をご紹介します。

「小さな小さな虫図鑑」は発売後、虫好きの方の間でこれはすごい!と、ちょっとした話題になった本。
5738web小さな小さな虫図鑑枠付き.jpg

5ミリ以下の虫ばかりを集め、その姿や生態を記したなんとも珍しくマニアックな図鑑です。「なんかみたことある!」というものから、見た目も名前も生態も「なんじゃこりゃ!」というものまで、虫にちょっと興味があるという方なら楽しめること間違いなし。
ルビも付いているので小学生でも読めますし、これからくる夏の自由研究にもおすすめです。
ただし、虫が苦手な方は発狂してしまうかもしれないのでご注意を…。

お次は、うっとりするほど美しい写真がたくさんの「美しき小さな雑草の花図鑑」。
5737web美しき小さな雑草の花枠付き.jpg

見たことのある雑草も、拡大してみるとこんなにきれいな花だったの!?と驚くこと間違いなし。
著者は、植物の書籍を多数執筆し、そのやさしく楽しい語り口が人気の多田多恵子さん。ところどころにある“コラム”や“草花あそび”も魅力的。
図鑑や読み物としてはもちろん、こちらも自由研究に活躍しそうな一冊です。

どちらもオンラインショップ「Wild Bird」、直営店「バードショップ」にて発売中です。
詳しくは↓
http://www.birdshop.jp/fs/wildbird/gr365/gd3833
http://www.birdshop.jp/fs/wildbird/gr365/gd3850

スタッフHでした。
posted by Wild Bird at 16:42| ショップからのおしらせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする