2018年08月28日

新人スタッフとチュウヒ調査

こんにちは。
今年の春から働き始めました スタッフMKです!よろしくお願いします。
さっそくですが、やっと職場の雰囲気に慣れてきたこの頃…
新人研修として
日本野鳥の会自然保護事業の一端を体験し、さらなる理解を深めるために
7月某日、北海道のサロベツ湿原 チュウヒ繁殖・生息調査の補助に行ってきました。

IMG_7004.jpg


当会では平成19年度より、絶滅の恐れのある種(レッドデータ種)の現状について情報を収集するとともに、従来からあまりデータのない特定種の生息分布や繁殖状況、生息環境等に関して、調査を進めています。
この特定種としてチュウヒの情報収集と調査を行なっています。
チュウヒは以前絶滅危惧U類の鳥でしたが、2006年12月に発表された環境省のレッドデータリストでは絶滅危惧TB類(近い将来における野生での絶滅の危険性が高いもの)となり、近年はさらに生息状況が悪化したとされています。
チュウヒってどんな鳥?
https://www.wbsj.org/activity/conservation/endangered-species/cs_hog/cs_whatis/

チュウヒの繁殖環境を明らかにし、生息環境保全の基礎資料を作成するために、予め現地の方がつけた定点から望遠鏡や双眼鏡を用いて展望台などから静かに観察。チュウヒには内緒で見るので、こっそりです。

初めて観察するチュウヒ。他のタカ類より大きめな翼を持つ凛々しさに対し顔立ちはかわいらしいものでした。
双眼鏡を使い注意深く観察をしていると、さすがの視力から、超遠距離にもかかわらずこちらを完全に把握され目が合います。(もちろん影響の少ない距離を置いてます)
今思い返すと気のせいだったかもしれません。アイドルのコンサートで目が合ったとはしゃいでも、アイドル本人は認識していないあの現象のようです。

そしてチュウヒの特徴のひとつ、横顔はタカに似ているのですが、正面から見た顔がまるでフクロウのように平らでかわいい。どうやらそのお顔のお陰で耳が良いとも言われています。

観察ポイントは主にチュウヒの行動です。
例えば飛び方、餌を探しているとき上昇気流に乗りほとんど羽ばたかずグライドし顔は真下を見て低空飛行する姿や、餌を得たあと餌を掴んだ足がぷらーんと出ていて前を向いてまっすぐ飛んでいる姿など見逃さないようにしました。それを追えばメスにたどり着き、メスを追えば巣がわかります。

メスは巣から少し離れたポイントで(特定を防ぐために)見張りを続け、オスは狩りに出かけています。
捕ってきたネズミなどの餌はメスに合図をしたのち上空から投げ空中キャッチ!
それが一瞬の出来事にもかかわらずとてもダイナミックなものに写りました。
息をぴったり合わせて餌渡し。夫婦愛を感じます…

このように繁殖や行動を調べ、地域によって生息場所の状況が違うチュウヒがどのような環境を好むのかを明らかにしなければなりません。
IMG_7054.JPG
↗これは望遠鏡(60倍)越しにスマートフォンで撮影したチュウヒのメスです!
同じ場所に20分ほどまったく動かず留まっていました。(このあとオスがきて一緒にどこかへ飛んでいきました)

我々はだいたい朝5時くらいからお昼の1時過ぎまで、観察をしました。
ずっとチュウヒが飛び続けているわけではなく、7~8時間のうち多くて20回くらい会えるペースです。場所や天候によっては一度も現れないことも。
一瞬たりとも休めずひたすら探しましたので、初めて調査をした私でさえ4日目、5日目には瞳に付いたホコリくらいのサイズのチュウヒを見つけることができるようになり、暫く追っては記録を繰り返し続けました。

狭い場所で身動きもせず同じことを何日も続けたせいか帰るころには足腰がバキバキでした。
しかしまた、来年もチュウヒが同じ場所で暮らせますように
私はグッズ販売のお仕事ですが北海道サロベツ湿地で見た豊かな自然を思い出すと
再び自分の仕事のやりがいを感じれる、そんな貴重な体験ができました。

次にどこかでまたチュウヒを見かけたらきっとすぐチュウヒがわかると思います。



posted by Wild Bird at 13:48| スタッフの活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月20日

佐賀番外編:おいしいものだらけ!

前回のブログで、佐賀のYoung探鳥会やツバメのねぐら入りをご報告しましたが、最後は思いっきり番外編の「グルメ」です。

出発前、上司(ワイルドS)に「呼子イカは食えよ!」とおすすめ店を教えてもらった私の今回の目標は、下記のとおり。
*呼子イカを食べる
*ムツゴロウとワラスボを食べる
*佐賀牛を食べる

まずは呼子イカ!と、今回の探鳥会リーダーNさんに相談したところ、なんとその日の夜に食べに行くとのこと。
というわけで便乗させていただき、念願の呼子イカの活け造りです。
ika.jpg
驚くべきは、その透きとおる身!
そして暴れる足!(新鮮そのもの)
コリコリとしてみずみずしく、ほんのり甘いイカに、とろける一同…
そして、天ぷらがさらなる絶品!

あまりの美味しさに、
翌日のお昼ご飯でも食べる私たちなのでした。

お次は、佐賀名物イカシュウマイ。
ikasyumai.JPG
ほわほわクリーミーで、ふわっと甘いイカの味。
帰るやいなや、お取り寄せしました。

そして、2日目の夜・・・
実は4年越しの夢だった彼らとご対面。
「ムツゴロウ」と、
mutsu.JPG

有明海のエイリアン「ワラスボ」です。(歯並びがひどい)
warasubo.JPG

おぉ・・・と少し言葉を失う、私と室長富岡。
しかし、とまどう私を横目に、ムツゴロウを頭からがぶりと食べる室長。さすが、長年の経験が違います。
ちなみに、昼間見たムツゴロウはこちら。
P9105466.JPG
稚魚がたくさんいる時期なので、2cmほどの小さなムツゴロウやトビハゼを、トウネンが追いかけていました!

そのほか、
佐賀牛の佐世保バーガー
有明海の特産魚エツ
ウミタケ(貝)
などなど、佐賀グルメに舌鼓をうった私たちですが
意外性ナンバーワンはこちら。

soft.JPG
海苔ソフト!

ご当地もののおふざけメニューかな?と失礼すぎるイメージで購入したのですが、
これが、まさかの、美味!!
なぜミルクと海苔がこんなに合うのかわからない…
優しいミルクの味を邪魔しないながらも、ちゃんと香る海苔の風味。
「なぜミニサイズにしたんだぁ!」と後悔しながら、お店をあとにしました。

佐賀ではありませんが、有明海の食品や
野鳥の暮らす環境でつくられた食品は、
野鳥の会でも取り扱っています。
みなさん、ぜひチェックしてくださいね!
http://www.birdshop.jp/fs/wildbird/foods1/gd3730
http://www.birdshop.jp/fs/wildbird/c/foods1/

スタッフSSでした。
posted by Wild Bird at 12:32| スタッフの活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月19日

佐賀番外編:ツバメのねぐら入り

夏になると、ツバメのねぐら入りを観察するため、全国を駆け回る我らが室長富岡。(現在12か所目。もはやねぐらコレクター)
4年前にツバメのねぐら入りを知り、魅力にとりつかれた私。(現在8か所目)

せっかくなら佐賀でも見たい!と、
日本野鳥の会佐賀県支部の方に教わった場所に行ってきました。
東京よりも30分日の入りが遅いので、ねぐら入りする時間が違うことにすら少し興奮気味です。

川沿いの堤防にたどりつくと、すでにちらほらとツバメの姿が。
「いいヨシ原だね〜」とウキウキで観察開始です。
P9105548.JPG

どんどん街の方から集まってきますが、
ヨシ原を通りすぎて田んぼに群がっています。
眠る前の腹ごしらえかなぁと、のんびり見ていたのですが…
あまりにもこちらにやってきません。

だんだんと不安になる私たち…
少し遠い田んぼの方を望遠鏡で見ながら、
「もしかして九州のツバメはイネにとまって寝るのかも…」説まで出ます。

ほんのり暗くなりはじめた堤防で、ふと隣にいる室長富岡を見ると、
ま、真上に・・・
真上に何千羽というツバメが!

「うわー!」と驚いていると、
そのあとも続々とやってきて、あっという間に万の単位の群れに。
頭上だけでなく、ひゅんひゅんと私たちの真横を通り抜けていきます。
先ほどまで田んぼの上を飛んでいたツバメたちが、
一斉にヨシ原めがけてやってくるのです。

夕焼け空と、漁から帰ってきた漁船の音と、ツバメたち、
なんとも言えない哀愁ある光景でした。

ツバメのねぐらは、きっと皆さんの近くにもあるはずです。
今年のピークはもう終わってしまいましたが、
西日本でならまだ見られるかもしれません。
見つけたら、ぜひ教えてくださいね。
(意気揚々と駆けつけるかもしれません)

スタッフSSでした。
posted by Wild Bird at 12:42| スタッフの活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする