2018年06月06日

★オオジシギの季節!オオジシギ商品のご紹介★

女性の両の手のひらにおさまってしまうくらいの小さい体で、
およそ6,000kmをノンストップで飛んでゆくという、
驚異の力を秘めたオオジシギ。
求愛行動のディスプレイ・フライトが有名です。
初めてオオジシギのディスプレイ・フライトの現場に居合わせた人には、
「ズビャーク、ズビャーク」という鳴き声の後に続く、
とても鳥が出している音だとは思えない「ザザザザザ」や
「バリバリバリ」の中間の奇妙な音に驚きます。

先日出張で北海道を訪れたスタッフH、
オオジシギのディスプレイ・フライトを
たくさん見ることができたと嬉しそうに話していました。

そうです、今がちょうどオオジシギの旬!

ぜひこの機会に作家さんがこだわって作ってくださった、
オオジシギグッズをご覧になっていただけますと嬉しいです。

今回はオオジシギのモビールをご紹介します。
下から2-3.jpg
このモビールは吊るした状態で前傾姿勢になるように設定されており、
また尾羽を目いっぱい広げている様はまさしくオオジシギの
ディスプレイ・フライトの場面を思い起こさせてくれます。

こちらは、木工作家の早見賢治さんによるものです。
早見さんは学校や病院、商業施設の室内ディスプレイとして、
実物大で鳥のモビール群の制作をいくつも手掛けています。

1-2-4.jpg
使用している木材には一切着色をしておらず、ナラ、イタヤカエデ(腹)、
ケヤキ(口ばし)のそれぞれの材木の色味や風合いを生かして
一つ一つの部位を丁寧に制作しています。

目2-4.jpg
また、目の部分は濃い優しい色味のウォールナットと、
その周りを縁どる胴パイプでオオジシギのクリッとした
カワイイ瞳を表現しています。

ネオジム2-4.jpg
また、翼と胴体の接続部分は磁石になっており、
間にスティールボールを挟むことで、
可動範囲が大きく滑らかに、
翼がゆらゆらと揺れるようになっています。

ぜひお部屋で、オオジシギとくつろぎのひとときを過ごしませんか。


オオジシギモビール
http://www.birdshop.jp/fs/wildbird/gd3838

スタッフYでした
posted by Wild Bird at 17:10| 新商品・おすすめ商品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする