2017年07月24日

イベント報告「鳥のフィールドサイン観察術!」

こんにちは、スタッフFです。
海の日も過ぎて、夏も本番。東京では暑い日が続いています!
皆さまいかがお過ごしでしょうか?

暑い中もバードショップは開店!
7月22日(土)には、当会事務所の会議室にて
夏イベント「鳥のフィールドサイン観察術」を実施しました。

講師は、鳥の博物画から絵本の挿絵まで幅広く手掛ける
イラストレーターの箕輪義隆さんです。
blog_1.jpg

生き物たちが残すざまざまな生活痕跡、フィールドサイン。
講座では鳥を中心に、サインの種類から痕跡の意味を
読み解く観察術まで教わります!

鳥の糞、足跡、古巣といった代表的なものから
食べたものを吐き出したペリット、種、
そして嘴を使ってエサを探った後にのこる食痕(ビークマーク)
など、さまざまな鳥の例をスライドで解説。

blog_0.jpg

また、机上には箕輪さんがこれまで集めた
フィールドサインのコレクション(資料)が並べられ、
現物を見ながら話を聞くことができました。

休憩時間中は、参加者の皆さんが興味津々に鳥の羽毛やペリットの資料を
眺めたり触ったり。自然と箕輪さんを囲んでの質問タイムが始まりました。

blog_2.jpg

ちなみに、これらの資料はどうやって集めるのでしょうか?
現物で保管できるものもありますが、鳥の足跡や食痕などのサインは
見つけてもいずれ消えてしまいます。
写真に残しにくい跡の深さや立体的な構造は、石膏を流し込み
約1時間程度で型を取って資料にするそうです。とても地道な作業ですね!

blog_3.jpg

終盤は、1枚のフィールドサインの写真から鳥の行動を読み解く実践編!

blog_4.jpg

箕輪さんの推理に基づいた鳥のイラストやスライドも登場し、
思わず参加者の皆さんの顔がほころぶ場面もありました。

今、そこに鳥の姿が見えなくても残されたいろいろなサインを組み合わせて
鳥の姿・行動を思い描くことができる!
そんな野鳥観察の新しい楽しみ方が伝わる2時間となりました。

フィールドサインについて、もっと知りたいという方は、
箕輪さんの著書「鳥のフィールドサイン観察ガイド」をぜひご参考ください。
また、箕輪さんのイラストに興味がある方は、物語絵本「つばめのハティハティ」
「見る読むわかる野鳥図鑑」がおすすめですよ!

さて、来週末はいよいよバードショップ最後の夏イベント「ハニカムペーパーで鳥をつくろう!」です。
こちらも皆さまお楽しみに!
以上、スタッフFでした。
posted by Wild Bird at 17:19| イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする