2013年05月09日

バードウォッチング長靴のお手入れ―その1 「洗ってみよう!」

バードウォッチング長靴のお手入れ方法をご紹介します。

長靴の宿命でもあるのですが、水を通さないゴム製なので、中はもの凄く蒸れます。
長靴を使った後は、中の湿度が90%を超えるような状態になります。
ですので、使い終わったら、必ず風通しの良いところで、陰干ししてください。

あまり汚れていない場合は、濡れたタオル等で、長靴の外側の汚れや水分を拭き取ってください。
その後、日陰の風通しの良いところで、干してください。

さて、何回か履いていると、泥汚れがひどくなったり、中の臭いが気になったりします。
そんなときは、「洗って」みましょう!

準備するものは、洗濯洗剤、タオル2枚、スポンジ1個。
臭いが強い場合は、酸素系の漂白剤。
ちなみに洗濯洗剤は、すすぎが1回のものを使うと、手間がかかりません。

130509-01.jpg

まず、水2リットルに、洗濯洗剤をティースプーン1杯を入れます。
臭いが強く、気になる場合は、酸素系の漂白剤を、やはりティースプーン1杯入れます。
【注意】洗う時は、手袋してください!
【注意】塩素系の漂白剤は、使わないでください。色落ちやゴムが劣化します。

130509-02.jpg

長靴から、中敷きを取り出してください。

130509-03.jpg

スポンジで、中を洗います。
折り返しておくと、つま先まで、洗いやすいです。

130509-04.jpg

外側を洗う時は、スポンジで、優しく洗ってください。
堅いもので洗うと、天然ゴムですので、キズが付くことがあります。

中敷きも、洗ってください。

洗い終わったら、中、外、中敷きを3回くらい、しっかりとすすいでください。

すすぎ終わったら、タオルで、水分を拭き取ります。
特に中は、しっかりと拭いてください。
2枚目のタオルで中の水分を再度、拭き取ってください。
この拭き取りによって、早く乾きます。

130509-05.jpg

乾かす時は、写真のように、折り返しておくと、より早く乾きます。
日陰で、風通しが良いところに置いて、乾かしましょう。
夏でしたら、半日くらいで乾きます。

ぜひ皆さん、試してみてください。

次回は、
バードウォッチング長靴のお手入れ−その2 「シリコンオイルを塗ってみよう!」
です。

洗った後のお手入れや、白い粉が気になる人にはお勧めです。

7月1日に掲載しました!
■バードウォッチング長靴のお手入れ―その2「シリコンオイルを塗ってみよう!」
http://wildbird.seesaa.net/article/368024399.html

以上、T2でした。
<<withB 野鳥とともに>>

posted by Wild Bird at 16:11| 商品の使い方・お手入れアイディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする