2021年05月24日

バードウォッチング長靴キーホルダー発売

バードウォッチング長靴のキーホルダーが発売となりました。

DSC_4886.jpg
カラーは5色。

定番カラーの、メジロ、グリーン、ブラウン、グレーに加えて、
昨年限定色で出したレッドです。

チェーンがついているので、
鞄などにつけることができます。


ガチャガチャで購入(1個300円)することができます。

残念ながら、当会では、どこのガチャガチャで
販売されるかはわかりません。
お近くでガチャガチャを発見したら、探してみてください。


どうしても欲しいという方は、
ぜひ、直営店「バードショップ」にお越しください。
https://www.wbsj.org/shopping/shop/

レジ前で販売しています。
IMG_3689.jpg



なお、昨年限定販売したレッドは、SS、3L、4Lが若干残っています。
購入をご検討の方は、お早めにどうぞ。

https://www.birdshop.jp/fs/wildbird/gd4292



WILD Sでした。
posted by Wild Bird at 14:56| 新商品・おすすめ商品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年05月20日

スワロフスキーNL PURE32口径 予約受付中!

スワロフスキーのフラッグシップモデル!
2020年秋に発売となったNL PURE42口径の32口径版が発売となります。

先日、実機を野外で見ることができました。

外観は、NL PURE42口径をそのまま32口径にした感じです。

IMG_3630.jpg
(左42口径、右32口径)

42口径にあったくぼみもそのままで、
好みは分かれますが、私は持ちやすいと感じています。

中央のブリッジが42口径と同じ大きさのパーツを使っているようで、
32口径としては、少しゴツイ感じがしてしまいました。

そして、恐らく、スワロフスキーとしては初めてのカラー
オレンジバージョンが用意されています。

9006325088120_00210_500.jpg

見え味は、さすがスワロスフキー。
明るくてシャープな見え味は、どのような環境でもストレスなく
見ることがでいます。

このクラスになると、綺麗に見えて当たり前、というのが正直な感想です。

気になる点としては重さでしょうか。

カタログスペック上は640gですが、
重心バランスが影響しているせいか、
最初に持った時に「重い」というのが正直な感想でした。





NL PURE 32口径のスペックだと
比較対象になるのは、ツァイスVictory SF32口径だと思います。

4486_1.jpg

名称未設定-1.jpg

こういう言い方をすると、無責任な・・・と言われそうですが、
スペック上の見え味や視界の広さはほぼ互角で、
あとは、使う人の好みによると思います。

一番の違いは、持った時の重量感でしょうか。

ツァイスVictory SF32口径は、シリーズの特徴である
重心バランスがしっかりとれていて、
持った時に、重さをあまり感じません。

そして、なんといっても価格差が約65,000円。

ここからは、私の主観ですが、
NL PURE 32口径とNL PURE 42口径の価格差は約20,000円。

このクラスをお求めになる方は、
明るさや解像力等にこだわりのある方が殆どだと思います。
そうだとすると、私なら、多少重くなりますが、
NL PURE 42口径をお勧めします。

双眼鏡望遠鏡体験会等で実機を見られる機会を設けたいと考えています。
実機が見れるようになったら、再度ご案内します。


ご予約受付中

スワロフスキー NL PURE 8*32
https://www.birdshop.jp/fs/wildbird/gd4553

スワロフスキー NL PURE 10*32
https://www.birdshop.jp/fs/wildbird/gd4554


発売中

スワロフスキー NL PURE 8*42
https://www.birdshop.jp/fs/wildbird/gd4425

スワロフスキー NL PURE 10*42
https://www.birdshop.jp/fs/wildbird/gd4427


WILD Sでした。
posted by Wild Bird at 13:17| 新商品・おすすめ商品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年05月10日

5/15(土)オンライン講座「絶滅危惧種シマフクロウってどんな鳥?」

今週末5月15日(土)に、
オンライン講座「絶滅危惧種シマフクロウってどんな鳥?」を開催いたします。
広報用画像.jpg

シマフクロウという名を初めて聞いた、
名前は知っているけど詳しくは知らないという方を対象に、
シマフクロウがどんな鳥なのか、どうして守るのか、
日本野鳥の会がどんな保護活動をしているかなどをわかりやすく解説します。
講師は北海道の野鳥保護区で実際にシマフクロウの保護活動に携わっているレンジャーです。
北海道にすむ世界最大級のフクロウ、シマフクロウについて、学んでみませんか?

▼実施概要-------------------------------------------

【日時】2021年5月15日(土)10:30〜11:30
   
【配信】YouTube (日本野鳥の会 普及室チャンネル)

【講師】松本潤慶(日本野鳥の会 野鳥保護区レンジャー)
    
【対象】シマフクロウという名を初めて聞いた、
    名前は知っているけど詳しくは知らないという方

【申込】不要、参加無料

【視聴方法】
配信時間になりましたら、下記URLをクリックしてご視聴ください。
当日ご参加できない方は、ライブ配信終了後、本URLから録画をご覧いただくことができます。
※配信内容の録画、スクリーンショット等の記録、転用・転載はご遠慮ください。

★配信URL★
 https://youtu.be/30FZwv01AII

---------------------------------------------------------

5月10日〜16日は愛鳥週間。
シマフクロウという鳥について、ちょっぴり詳しくなってみませんか?
みなさまのご参加をお待ちしております。

スタッフHでした。
posted by Wild Bird at 10:02| イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする