2020年02月04日

バードウォッチング長靴を街中や、一日中履きつづける方へ 〜インソールのススメ〜



隠れたヒット商品「ソールラックサポート」

パッケージ.jpg


「バードウォッチング長靴」は、
ぬかるんだ湿地や、急遽長靴が必要になった時に
使用することをコンセプトに商品開発されました。

なので、持ち運べることや、
コンパクトかつ軽量であることを重視しました。

本体のゴムを極力薄くし、靴底も最低限の厚さしかありません。

一方、多くの方が「バードウォッチング長靴」を街中で使用したり、
フジロック等の野外コンサートでは、朝から晩まで終日履かれる方が
増えてきました。

お客様より「足が疲れる」「足が痛くなる」等、多数の声をいただきました。

その声に応えるべく、
靴底ゴムの厚さを1.5倍や2倍にしたものを試作してみました。

するとどうでしょう。
今まであった軽さや、コンパクトさが失われてしまいました。
また、フィット感も失われてしまい、歩きにくい印象になってしまいました。

そこで、靴底を厚くするのが難しければ、
中敷きで解決できないかと考えました。

一言に中敷きといっても、
クッション素材の入ったもの、かかと部分だけのもの、やわらかいもの、硬いもの、
本当に様々です。

靴専門店からホームセンターまで、様々なお店を回り、
タイプの違う20種類以上の中敷きを購入し、
どれが一番「バードウォッチング長靴」に合うのか試しました。

試行錯誤の末、「ソールラック サポート」が誕生しました。

https://www.birdshop.jp/fs/wildbird/gd3335

画像.jpg


バードウォッチング長靴を履くと足が痛くなる、疲れるという方は、
ぜひお試しください。



〜裏話〜

商品名を決める会議は、迷走に迷走を重ねました。

その時に出ていたアイディアを少し公表します。

・バードウォッチング中敷き
・疲れなインソール

考えている時は、本当に真剣なのですが、
今見返してみると、なんでこんなアイディアが出るんだ?と
思ってしまいます。


WILD Sでした。
posted by Wild Bird at 14:12| 新商品・おすすめ商品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする