2019年04月12日

新発売!野鳥の声がずっと流れるCD BIRD SONGS〜海辺の鳥〜

2017年に発売した、野鳥の声がずっと流れるCD「BIRD SONGS」の第二弾が登場です!
500241webCD_BirdSongs海辺_合成.jpg

「識別用CDのようにナレーションが入っていない、鳥の鳴き声のCDが欲しい」という声から作られたこのCD。
シリーズ初の第二弾は”海辺の鳥”です。
収録・構成は前作に引き続き、鳥声録音のプロ、松田道生氏。
松田さんから今回のCD制作について、コメントをいただきました
*********************************
CDの制作では、録音した音源の良いところを取り出しノイズを取って聞きやすくする作業が中心です。この作業では、録音をした時のことを思い出しながら作業します。
実は、春のシギやチドリの群れの鳴き声は谷津干潟で一晩、録音機を置いたままにして録音したものです。真夜中の午前2時頃の干潟のようすなのです。それだけに、車の音も人もいない鳥たちだけの世界の音が録れました。ある意味、簡単に録音ができました。
ただ、こうして簡単に楽しく録音できたときのことより、たいへんだったことのほうがより記憶に残っているものです。今回のCDでは、真夏のように暑かった石垣島アンパルのマングローブから聞こえて来たシロハラクイナの声を録音した時、また猛烈に寒かった落石岬の波の間に間に聞こえて来たクロガモの声を録音したことは忘れることができません。
音から暑さ寒さ、そして鳥たちの息吹を伝えられたらと思います。
*********************************

今回は春夏秋冬、トラックごとに季節を表現しました。
松田さんの仰るように、音から、野鳥たちの命や彼らのいる風景を感じていただけたら嬉しいです。

「鳴き声には興味があるけど、海辺にはあまり行かない…」
「シギやチドリはよくわからないし…」という方!
むしろ、そういう方に聞いて欲しい!
識別や知識は後にして、鳥の鳴き声を楽しんでみませんか?
森林などの小鳥だけでなく、海辺にも綺麗な声で鳴いている野鳥たちがいます。
このCDは、知識に関係なく楽しめる、聞き流して癒されることをテーマに制作しています。

では、担当スタッフより制作裏話を…。
今回初めてCD制作を担当した私。音源制作では、目で見えない音について、頭の中のイメージを伝えるのに苦戦しました。よりイメージを明確にするために、観察ではなく、鳥の声を聞きに、実際に海辺にも足を運びました。
そうして松田道生さんと何度も何度もやりとりをし、何度も音源を作り直していただきました。中途半端なものは作りたくないと、納品を少し遅らせてまでも良い音源を目指しました。様々な再生機器で聴き比べ、スタッフの意見を聞き、松田さんと話し、そうしてようやく完成した音です。

CD「BIRD SONGS」はジャケットやブックレットの美しい写真も魅力です。
様々な写真家さんにお声がけし、厳選した写真を使用しています。
2019_BirdSongs_J_2.jpg

2019_BirdSongs_Book_04-05.jpg

ちなみに担当スタッフの私、海辺の鳥に特別詳しいわけではありません。そんな私でも癒されるCDです。
是非、多くの方に聞いていただきたいと思います。
CDは日本野鳥の会の通信販売、直営店「バードショップ」の他、全国の書店でもお求めいただけます。

★オンラインショップ「Wild Bird」
https://www.birdshop.jp/fs/wildbird/gr365/gd4081
★直営店「バードショップ」
https://www.wbsj.org/shopping/shop/bird-plaza/
※ゴールデンウィーク期間は4/27は通常営業、4/28〜5/6は休業となっております。

以上、スタッフHでした。
posted by Wild Bird at 10:14| 新商品・おすすめ商品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする