2018年06月28日

モナークHGに、30口径の双眼鏡が新登場!

今まで、40口径のみの展開だったモナークHGシリーズに、
待望の30口径が新登場となりました。
(発売は7月13日からとなります)

MONARCH HG 8x30_10x30 front right.jpg

デモ機を覗いた時の第一印象は、
 1)軽量・コンパクト感
 2)広い視界
 3)周辺部までくっきりと見える視界
でした。

40口径に比べれば大きさも重さも抑えられているので、
望遠鏡やカメラなどの機材と一緒に使いたい方や、
歩きながらバードウォッチングを行う人等、
機動力を重視する方にはもってこいの機種です。


ランク図.jpg


特に、今までプロスタッフ7sやモナーク7の30口径をご使用の方で、
大きさや重さは、ほぼそのままで、よりよい光学性能を持ったものを
使いたいという方におすすめできる機種です。

また、コンパクトで軽く、良い性能のものを最初から長くお使いにな
りたいという方に、お勧めの一台です。

スペック表記では殆どその差は分からないですが、
実際に覗くと、光学性能の差は歴然です。

仕様比較.jpg


ニコン モナークHG 8×30
https://www.birdshop.jp/fs/wildbird/gd3915
ニコン モナークHG 10×30
https://www.birdshop.jp/fs/wildbird/gd3916


他社メーカーの、同口径・同価格帯で比較するとなると 
「ツアイスCONQUEST HD 32口径」
「コーワジェネシス 33口径」
あたりでしょうか。

このクラスの見え味は、良く見えて当たり前なので、好みによると思います。

後は、双眼鏡を持った時のホールド感やピントリングの操作性等が
選択の決め手になると思います。


WILD Sでした。

posted by Wild Bird at 13:00| 新商品・おすすめ商品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする