2017年10月19日

カールツァイスよりビクトリーコンパクトの後継機が新発売!

長年のベストセラーである「ツァイス ビクトリーコンパクト」に待望の後継機が登場しました。
その名も「ツァイス ビクトリーポケット」
デモ機を覗いたときの印象が、最近発売された双眼鏡では抜群に良かったので、販売スタッフQが各メーカー様の高級8倍コンパクト双眼鏡と比較をしてみました。
写真左上から新発売の「ツァイス ビクトリーポケット8×25」、右上が同じツァイスの「テラ ポケット8×25」、左下はニコンより 「8×20HG L DCF」、右下はコーワより 「ジェネシス22プロミナー 8×22」です。
【サイズ】
平置.jpg
対物レンズが20口径だけあって、コンパクトさは左下のニコンが一歩抜き出ていますね。
ニコン、コーワ、ツァイステラが、収納する際に2箇所で折りたたむ「二軸」を採用し、よりコンパクトさを目指しているのに対し、ビクトリーポケットは「一軸」を採用しています。
どうしてもかさばりがちな「一軸」ですが、ビクトリーポケットは非対称デザインを採用することで「二軸」に劣らないコンパクトさを実現しています。
縦置.jpg
こちらは見口(接眼レンズ)を上にして並べた画像です。
見口の大きさを実測してみるとビクトリーポケットが約20mm、テラポケットは18mm、ニコンHGL17mm、コーワジェネシスが20mmでした。
個人的には見口は広ければ広いほど見易いと感じますので、この仕様はGOODですね。

【重量・操作性】
カタログ上のスペックではビクトリーポケットが290g、テラポケット310g、ニコンHGL270g、コーワジェネシス315gと、ビクトリーポケットが一回り小さいニコンHGLに次ぐ数値になりました。
ニコンHGLはあまりのコンパクト重視の設計ゆえか、ピントリングを中指または薬指で操作しなくてはいけませんでしたが、ビクトリーポケットは中心より左に寄せ、右利きの方は人差し指がちょうど良くあたる位置にピントリングがあります。
ピントリング.jpg
ピントリングは左寄り

女性でも持ちやすいサイズ.jpg
女性スタッフFがツァイスビクトリーポケットを持ってみました、Fいわく「しっくりきてピントリングがまわしやすい!」とのこと。手の小さい方でも問題なく操作ができそうです。
また、指が当たる部分が全て柔らかい素材なので、素手で双眼鏡を持つ際にはソフトな感触が好きなスタッフQは好みです。(グローブをしている時はコーワの金属製リングが良く引っかかるので好きです)

【視界・見え味】
新製品のビクトリーポケットがあまたのコンパクト双眼鏡の中で特に優れていると感じた点は2つあり、それが「視界の広さ」と「見え味」です。
ツァイスビクトリーポケットの1000m先視界は、優秀なコーワジェネシスの131m並みの130m。
20口径クラスの双眼鏡は、30口径、40口径の双眼鏡と比較するとどうしても視界の広さや明るさ・クリアさで劣りますが、フローライト系のレンズを使用したビクトリーポケットは、上記3機種のみならず、現在発売されているコンパクト双眼鏡のなかでは抜群の視界の広さ、明るさを感じました。
その感動ははまるで30口径クラスの双眼鏡のよう。
同じツァイスのテラポケットと比較しても、明るさ・像のシャープさで違いが感じられます。また、これはお好みですが、わずかに青色が強く見える傾向があるように感じました。

ベルトループ.jpg
標準でズボンのベルトに通せるループのついたハードタイプのケースも付属します。


最初の1台から「しっかり良く見える双眼鏡を使いたい!」初心者のお客様から、「見え味にこだわる!」ベテランのバードウォッチャーまで、自信を持っておすすめできる1台です。
こちらの双眼鏡は10月24日発売。
日本野鳥の会では現在ご予約を承っております。
ツァイス ビクトリーポケット 8×25
http://www.birdshop.jp/fs/wildbird/gd3790
ツァイス ビクトリーポケット 10×25
http://www.birdshop.jp/fs/wildbird/gd3791
※ご注文状況によりお届けまでに少々お時間をいただく場合がございます。

スタッフQからのお知らせでした!
posted by Wild Bird at 13:23| ショップからのおしらせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月10日

「鶴居・伊藤タンチョウサンクチュアリ30周年」記念商品をご紹介!★第2弾★

お待たせしました!「鶴居・伊藤タンチョウサンクチュアリ30周年」記念商品第2弾です!
今回はタンチョウカラーでデザインしたオリジナルバッグ2種類の内、
「タンチョウデザイン2WAYバッグ」の魅力をご紹介いたします。

このバッグの特徴は、
@タウンユースしやすいデザイン。
タンチョウブラック.jpg
タンチョウブラック

タンチョウホワイト.jpg
タンチョウホワイト

Aコンパクトながら大容量。
双眼鏡「モナーク7 8×30」と「ハンディ図鑑」、ミニペットボトル等が入ります!

タンチョウバッグの中身出し写真.jpg
この量のものが↓↓
タンチョウバッグ物が入っている状態.jpg
ちゃんと収まります。
タンチョウバッグチャック.jpg
パンパンになっても上部にファスナーがあるので安心!

Bショルダーとしても肘にかけても使用できる2WAYタイプ。
モデル写真.jpg
双眼鏡使用時はショルダーにして。

タンチョウバッグダウンジャケット.jpg
肩に負担を感じたら肘にかけて。
厚着をしていても、肘まで通せるように持ち手の紐の長さを考えました。

C内部をラミネート加工。
タンチョウバッグ手入れ.jpg
お手入れや図鑑の出し入れがしやすいです。

気温も落ち着きはじめ、外出しやすいこの季節。
山あいでは早くも葉が色づき始めています。
ぜひ「タンチョウデザイン2WAYバッグ」を持って、
バードウォッチングやお散歩に、
ウキウキ気分でお出かけください。

次回はトートバック「CRANE」をご紹介します!
お楽しみに★

スタッフYでした。

posted by Wild Bird at 20:26| 新商品・おすすめ商品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする