2015年12月28日

一年間ありがとうございました!


本日、当会事務所は今年の最終営業日です。
今年も一年間、みなさまのご支援に心より御礼申し上げます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
■■ 年末年始休業のお知らせ

12月29日(火)〜1月4日(月)

バードショップオンライン「Wild Bird」は通常通りご利用いただけます。
メールでのお問い合わせへのお返事は1月5日以降、
商品の発送は1月6日以降とさせていただきます。

直営店「バードショップ」も上記の期間は休業となります。
来年の営業は、1月5日(火)11時〜です。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

来年も、みなさまに楽しんでお買い物していただけるよう、
そして、当会の活動をご支援いただけるよう、取り組んでまいりたいと思います。

みなさま、よいお年をお迎えください。
来年もどうぞよろしくお願いいたします!

syugousyasin.jpg
日本野鳥の会 普及室 一同
posted by Wild Bird at 14:07| ショップからのおしらせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月25日

「ワイルドバード・カレンダー2017」の写真を募集します。

4560262490422-1.jpg

当会オリジナル「ワイルドバード・カレンダー2017」の
各月を彩る野鳥の写真を募集します。
カレンダーは、当会通販ほか全国書店等で販売します。

テーマは「多様な風景 多様な野鳥」。
お1人さま5点までご応募いただけます。
皆さまの力作のご応募をお待ちしています!

◎くわしくはこちらのページをご覧ください。
応募要項をご覧いただけます。(PC用)
http://www.wbsj.org/goods/calendar/

◎ホームページで応募要項をご覧になれない方や、
ご希望の方へは、応募要項・用紙の郵送もいたします。
以下まで送付先をお知らせください。

【お問合せ先】
  日本野鳥の会 普及室 ワイルドバード・カレンダー係
  TEL:03-5436-2626(平日10〜17時)/FAX:03-5436-2636
  メール: birdshop@wbsj.org

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

●ただいま販売中の「ワイルドバード・カレンダー2016」
http://www.birdshop.jp/fs/wildbird/gd3351

※2016年版の採用作品はこちら。
http://www.wbsj.org/goods/calendar/#calendar


スタッフEでした。
posted by Wild Bird at 13:29| ショップからのおしらせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月22日

日本野鳥の会レンジャーが「オリンパスTG-4」を再び使ってみました (野鳥の羽根のマクロ撮影編)

前回の記事で紹介したオリンパスのコンパクトデジタルカメラ「TG-4」の【深度合成モード】や【顕微鏡モード】は、フィールドで拾った羽の撮影にも威力を発揮してくれました。
(バードショップカタログでは写真が小さく伝わりにくかったかと思いますので、改めてこちらでもご紹介します。)
*写真を1度クリックして、表示された写真をさらにクリックすると大きな写真で見られます。

前回の記事はこちら
http://wildbird.seesaa.net/archives/20151201-1.html

カワセミの羽
深度合成前
10カワセミの羽深度合成前.JPG

深度合成後
11カワセミの羽深度合成後.JPG
羽の立体感が出ました。

さらにフクロウの羽でも挑戦してみました。

深度合成前
12フクロウの羽深度合成前.JPG

深度合成後
13フクロウの羽深度合成後.JPG
フクロウの羽のやわらかさを表現してくれました。


【顕微鏡モード】にもカケスの羽で挑戦してみました。
14カケスの羽.JPG
細かな小羽枝まで解像されていて驚きました。

今回の撮影では別売りアクセサリーのライトガイドLG-1が欠かせませんでした。LEDライトをレンズ周りから被写体に均一に照射し、陰などを消し込んだ撮影を可能にしてくれます。このアクセサリーは同社の内視鏡技術が生かされているそうで、面白い発想ですね。また、LEDライトは「info」ボタンを長押しするだけでon、offの切り替えが簡単に片手でできるのもとても便利でした。

通常の撮影では最大1600万画素ですが、【深度合成モード】では800万画素になってしまうのが少し残念なところです。それでもA4サイズくらいの印刷には十分耐えうると思います。

フィールドから帰宅してからもTG-4は新たな驚きを与えてくれました。

掛下尚一郎
日本野鳥の会レンジャー(横浜自然観察の森担当)
日本自然科学写真協会(SSP)会員
posted by Wild Bird at 13:31| 新商品・おすすめ商品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする