2020年04月02日

バードショップカタログ2020春夏号 〜制作現場から〜


会員の皆様や、当会でお買い物をされた方、資料請求をされた方等に、
バードウォッチングにあると便利なグッズや、野鳥をモチーフにした
グッズが満載の「バードショップカタログ」を送付しています。

そんな「バードショップカタログ」制作中の様子を紹介します。

今回は、カタログP6に出ているTシャツ「里山の生物多様性」。

モデルとして写真に出ているのは、
理事長の遠藤孝一です。
そして、脇にいるのが、職員のSS。

なんだか親子のよう…。

4313_3.jpg


2人とも笑っていますが、撮影日は2月18日。
寒い中、直前までダウンを着て、撮影する瞬間だけダウンを脱ぎます。

よ〜く見ると、笑顔が引きつっているかも…。

一度はOKが出たのですが、

写真をよく見直した理事長から、
「ちょっと猫背になっているな・・・。
家族からいろいろ言われそうだから、もう一度撮影しよう!」と提案があり、
撮り直しに。。。

再度、寒い中、ダウンを脱ぎ撮影をして、今回の写真となりました。



今、日本の里山環境は荒廃が進み、危機的な状況にあります。
もう一度、里山の自然を見直して欲しい、そして、多くの方に
関心を持っていただきたい。
そんな願いを込めて、企画しました。

「バードショップカタログ」では、
里山で生産された食品も併せて紹介しています。

ぜひ、お買い求めください。


●里山の生物多様性特集
 https://www.birdshop.jp/fs/wildbird/c/gr388


●バードショップカタログはPDFでもご覧いただけますし、
 無料でお送りしています。詳しくはコチラ↓
 https://www.wbsj.org/shopping/catalog/


Wild Sでした


posted by Wild Bird at 17:05| ショップからのおしらせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月18日

おうちで楽しめる野鳥グッズ

新型コロナウィルスの影響で、「学校へいけない」「外出を控えたい」
そんなあたなに、部屋の中で過ごす時間でも野鳥が楽しめるグッズを紹介します。



「ぬりえでバードウォッチング」
 https://www.birdshop.jp/fs/wildbird/books3/gd4116

 身近な野鳥から、少し遠くへ旅をして見る鳥、
 地球の反対側にいる鳥など、
 さまざまな鳥をギュッと詰めたぬりえの本。
 原画は「新・山野の鳥」「新・水辺の鳥」で
 おなじみの谷口高司さんの描きおろしです。

4116_1_expand.jpg



ジグソーパズル日本の野鳥 「三須広絵 里山の野鳥」
 https://www.birdshop.jp/fs/wildbird/goods1/gd4145

 日本野鳥の会オリジナルのパズルです。
 子供から大人まで楽しめ、
 完成後は飾って楽しむこともできます。

4145_1_expand.jpg




オリジナル 野鳥トランプ
・山野の鳥
 https://www.birdshop.jp/fs/wildbird/gd942
・水辺の鳥
 https://www.birdshop.jp/fs/wildbird/gd4089

 54種の野鳥が各々の カードに描かれています。
 イラストとあわせ、「和名」 「学名」「英名」「全長」
 が 記されています。

942_1_expand.jpg

4089_1_expand.jpg


この他にも、バードショップオンライン「Wild Bird」では、
様々な野鳥グッズを取り揃えています。

ぜひ、ご覧ください。

https://www.birdshop.jp/


WILD Sでした。
posted by Wild Bird at 11:35| ショップからのおしらせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月04日

バードウォッチング長靴を街中や、一日中履きつづける方へ 〜インソールのススメ〜



隠れたヒット商品「ソールラックサポート」

パッケージ.jpg


「バードウォッチング長靴」は、
ぬかるんだ湿地や、急遽長靴が必要になった時に
使用することをコンセプトに商品開発されました。

なので、持ち運べることや、
コンパクトかつ軽量であることを重視しました。

本体のゴムを極力薄くし、靴底も最低限の厚さしかありません。

一方、多くの方が「バードウォッチング長靴」を街中で使用したり、
フジロック等の野外コンサートでは、朝から晩まで終日履かれる方が
増えてきました。

お客様より「足が疲れる」「足が痛くなる」等、多数の声をいただきました。

その声に応えるべく、
靴底ゴムの厚さを1.5倍や2倍にしたものを試作してみました。

するとどうでしょう。
今まであった軽さや、コンパクトさが失われてしまいました。
また、フィット感も失われてしまい、歩きにくい印象になってしまいました。

そこで、靴底を厚くするのが難しければ、
中敷きで解決できないかと考えました。

一言に中敷きといっても、
クッション素材の入ったもの、かかと部分だけのもの、やわらかいもの、硬いもの、
本当に様々です。

靴専門店からホームセンターまで、様々なお店を回り、
タイプの違う20種類以上の中敷きを購入し、
どれが一番「バードウォッチング長靴」に合うのか試しました。

試行錯誤の末、「ソールラック サポート」が誕生しました。

https://www.birdshop.jp/fs/wildbird/gd3335

画像.jpg


バードウォッチング長靴を履くと足が痛くなる、疲れるという方は、
ぜひお試しください。



〜裏話〜

商品名を決める会議は、迷走に迷走を重ねました。

その時に出ていたアイディアを少し公表します。

・バードウォッチング中敷き
・疲れなインソール

考えている時は、本当に真剣なのですが、
今見返してみると、なんでこんなアイディアが出るんだ?と
思ってしまいます。


WILD Sでした。
posted by Wild Bird at 14:12| 新商品・おすすめ商品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする